慰謝料請求に時効ってあるの?

貞操義務違反で離婚や慰謝料請求する場合の注意点

貞操義務違反があった場合、離婚や慰謝料請求することができます。
もし、離婚や慰謝料請求する場合は、いくつかの注意点があります。
離婚や慰謝料請求を求める前に、まずは次のことを確認しましょう。

貞操義務違反である証拠が必要

貞操義務違反で離婚や慰謝料請求するのであれば、貞操義務違反があったという証拠が必要になります。
証拠のない状態で請求すれば、相手に事実無根であると言われてしまえば追及することが出来ません。

肉体関係があるということが分かる証拠が必要です。
肉体関係の明確な証拠がない場合でも、いくつかの証拠を組み合わせることで証拠として認められる場合もあります。
但し、ご自分で証拠を集める場合の注意点として、偽造・捏造・無効・違法行為扱いになってしまうケースが大変多いです。
先ずは不倫浮気調査のスペシャリストである弊社「探偵社シークレットジャパン Q明」へお電話ください。24時間体制でお電話受け付けています。

慰謝料請求の時効は?

貞操義務違反の慰謝料請求には時効があり、配偶者の不貞行為および不倫相手の情報を知った時から3年間です。
不貞行為の事実確認ができても密会相手の情報を特定するまでは、時効進行はありません。
ただし不法行為から20年間は除斥行為が設けられています。不貞行為から数年後に貞操義務違反の周知となったとしても20年以内であれば慰謝料請求が可能です。
探偵は慰謝料請求できません。提携弁護士の中から、あなたに合った人選を紹介いたします。
証拠の精度次第で変わる場合は多いですが、裁判所判断などもあり必ず請求が通るとは言い切れません。